何も隠さない
ブログ

SEKIRARA BLOG

  1. TOP>
  2. 何も隠さないブログ>
  3. クラウドファンディングリターンBLOG!【株式会社グリットシール】様
リフォーム・施工事例・会社のことちぃちゃんまいまい

クラウドファンディングリターンBLOG!【株式会社グリットシール】様

アドカラーズ合同会社代表 冨岡龍也

Amazon電子書籍

「原価を隠す事こと、やめました」

~赤裸々なリフォーム会社のX集客術


のクラウドファンディングにご協力くださった皆様、この度は誠にありがとうございます。

誰も予想しなかった3日でファーストゴール達成というスピード感に、弊社一同驚きと共に皆様に愛されているなと感動いたしました。

今回、クラウドファンディングの【スペシャル企業スポンサー】のリターンにありました、弊社BLOGにて貴社やサービスを紹介します!の中の、1人目のお客様をご紹介していこうと思います。




株式会社グリットシール代表取締役 遠藤 宏喜様

に取材をさせていただきました。


めちゃめちゃ笑顔が素敵ですよね☆
遠藤様の学生時代のお話から、会社設立にあたってのお話など聞かせていただきました。



【どんな学生生活を送られていましたか】


高校時代はとにかく遊んでいました(笑)
小学1年生~中学3年生までは毎日サッカーの日々を過ごしていて、もちろん高校生になってもサッカーをやろうと思っていたので、強い高校に行きましたが部活には入りませんでした。
高校生までサッカー漬けの日々だったので、その反動からか部活には入部せず遊んでばかりいました(笑)青春していたと思います。



【学生時代にしていたアルバイトは】


カラオケ店の店員をしていました。

いろんなバイトの経験をしましたが、よく友達とカラオケに行っていたのもあり一番長く働いていました。
特定の好きな歌手はいませんが、奥さんがK-POP好きで大阪までLIVEを見に行きました。

家の中でも流れているので自然と覚えてしまいます。



【高校卒業後は】


現在の会社と同じ職種のシーリング会社に就職をしました。

10年程働いて独立をしましたが、当時は独立するつもりはありませんでした。

前の会社が大好きで楽しくて続けていたのですが先輩方も次々と退社していき、同じ「稼ぐぞー」といったような熱量の方もいなくなってしまい「それでいいのか」と自問自答し、同じ熱量の人と仕事をしていきたいと思い独立を決断しました。



【趣味はありますか】


サッカー観戦が好きです。

奥さんもサッカー大好きなので、テレビで観たり現地でサッカー観戦に行ったりします。

好きな選手がガンバ大阪にいるのでガンバ大阪を応援しています。




【特技はありますか】


天気予報を読めることですかね。

あと道を覚えるのは得意です!10年前ならサッカーって言ってたんですけどね~w

職人さんは「雨が降りそうだな」という気象の変化を風などで感じるためわかりますね。

1日の天気というよりかは突然の雨は匂いで読めますね。



【アドカラーズ代表冨岡との出会いは】


《X》で出会いました。

最初に絡んだのは冨岡さんが《X》でスペースをやられていてそこに入りお話しさせていただきました。その後すぐに、シーリングの案件が急遽あり対応出来ませんかとDMをいただきました。



【社名の由来を教えて下さい】


《グリット》という意味には「やり抜く」という意味があり《シール》は「シーリング工事」のシールから取っています。

元々走るのが得意だったのですが、学年で2位だったこともあり、色々1歩2歩と届かないことが多く悔しかったので、2番であっても3番であってもやり抜こう!の意味から付けました。

日本一のシーリング屋と言っているのもそういう所からもありますが、ただ売り上げ日本一とかではなく、業界を変えたい、は気持ちでみんなやっています。



【事業内容を教えてください】


シーリング工事のみ専門工事店としてやっていて、専門的な所で1番目指して行こうよ!と思っています。

外壁のボードやタイル同士のつなぎ目(境目)、または窓やドアまわりの隙間、サッシなど金具と壁のつなぎ目などにシーリング材を充填する工事を専門として行っています。
建物の中に水が浸入すると腐食やシミ、悪臭の原因となり、建物だけでなく住んでいる人にも影響を及ぼします。それを防ぐためにもシーリング工事を専門にしています。



【YouTubeを始められますよね】


何をやろうかな~と思っていて、まだ何も考えてないです。

企画・撮影の方にお願いして進めて行こうと思っています。

(そこはアドヴィスタじゃないですか?)

苦笑www

冨岡さんからお電話いただきましたね~。

トゥモローゲートさんのレセプションパーティーで冨岡さんにYouTubeの相談をして後押ししていただいたんです。

今回はまだ、単発にお願いしていて先の事は何も考えていないんですけど、何かお願いすることがあるかもしれません。

色々ご相談させていただこうと思っています。



【シーリングという専門的な所を事業として行うということで、シーリングは主に外壁などの隙間を埋めることが多いと思うのですが、そこは塗装の職人さんがやってしまうことが多いと思います。ホームページにも「色んな作業をやりながらシーリングをやるのではなく、シーリング専門としてやっていく」と書かれていましたが、シーリングだけを専門にやる場合、どのように提案をされているのですか?】


リフォーム会社の依頼で行くこともあれば、修繕会社からご依頼を頂くことがあります。

主にはリフォーム会社さんからシーリングという専門的な所でいただいています。



【お風呂やキッチンの隙間を埋めているするシーリングはまた別物ですか】


一緒です。

主には外壁外回りをやることが多いですが、リフォームされた時の水回りや、水回りのシーリング専門としてお仕事いただくこともあります。

シーリングを使う所だと全般的に出来ます。



【水回りのシーリングは劣化すると水漏れとか起きてしまいますか】


そうですね!

外壁も内側も隙間を埋める作業になるので、外壁でしたらそこから水が入り雨漏りが発生してしまったり、内側でしたらそこから電気系に水が流れていってしまうこともあります。

それを防ぐための工事ですが、見栄えで埋めてほしいと依頼がくることもあります。

内装の壁の隙間を埋めるのは、別物です。



【家の中とかまじまじ見ると、すごく細かい作業だと思っていました。
家を購入してすぐお風呂の目地やキッチン目地のシーリングが出てきて取れてしまい、やり直しとかあったので、そこを丁寧にやってもらえるのはすごく安心できます】


基本的には内装は特にそうですが、専門的な所というよりかは、何かの付属でやること、キッチン付けるとき一緒にやるとかが多いので。

僕らが単体で行くことで費用がかさんでしまうことも多いのです。

でもそこを、僕らは専門でやって行こう!と思っています。



【社長からもお話を聞いていて、技術もすごいし丁寧だしお客様対応もすごくよくてってよく言ってます!社長もすごいベタ褒めなので!ぜひ、今度遠藤様の現場見に行ってみたいです】


特別何かをやっているわけではなく、みんなに伝わっていれば普段通りにやっていれば問題もなく良い提供ができると思っています。



遠藤様の想いが、職人さんや従業員様にも伝わって関係を築くのに大変ではなかったですか


・面接をするときに

ということをお話をしますが、そこのリアクションで「一緒の船に乗っかってくれそうだな」とか分かるので。

離職率も多く大変でしたが、今残ってくれているメンバーに関しては一緒に現場行ったり話しているので、意識して何かしているとかはないです。

経験しないと分からないので、どんどんみんなにやらせています。

職人さんは辞めてしまうことが多いですが、合わないのであれば仕方ないし、何かを得て辞めてもらう分には良いかなと思っています。

うちのメンバーにも言っていることは、

僕も前の会社や身内などいろんな人に助けてもらっているので、それは成長でしか返せないと思う。

なので、辞めてしまっても別のステージで輝いてもらえればいい。ちょっとしたことでも気づきがあればいいと思っています。



一番大変だったことはなんですか


大変だと思うことはないですが、終わってみて大変だった、大変になったことならあります。

終わってみて全部やり直しの現場がありました。

その現場が特別難しかったわけではなくいつもの作業なんですが、自分が悪く全てやり直しの為、塗装屋さんやいろんな方に迷惑をかけ頭を悩ませました。



苦労したことはありますか


・苦労と思ったことがないというか、何が苦労なんだろうと…悩んだり考えたりはあります。

事業としてお金も絡みますし、肉体的な問題や案件の確保、昼夜現場に出つつ事務作業したり、そして会社が赤字が続いたときは大変でした。



設立はいつですか


・会社自体は2019年設立で5期目になります。

その前に個人でもやっていました。

求人を出せばまわりに比べて来ましたが、僕も良く張りだったので誰でも採用してしまいました。

しかし経験値でいうとベテランと未経験でだいぶ差が出てしまい、生産性的にも悪循環が出てクレームにもなりました。その塵積で赤字にもなりましたし。



従業員の方は何人になりますか


・従業員は僕入れてメンバーは7名。

僕と事務員と残りは作業員であとは協力会社さんですね。

求人出しても周りより求人は来ます。

今年も4~5人くらい来てくれていますが、まだ採用まではいたっていませんが、月1人は求人来ています。

(職人不足の中、来るのがすごいです!)

まわりにも言われますが、なんでか分かりませんが来ます。

ほぼ求人サイトから来ます。志望理由でX見ましたとかもあります。

今いるメンバーの1人は僕のX見て来てくれました。

ほぼ求人媒体ですが、Xってすごいですね!

やっていなかったら、アドカラーズさんとも繋がっていなかった。


【Xを初めたきっかけは】


採用媒体を担当して下さる方が、「最近はSNSですよ」っておっしゃったことからはじまり、

「結果に繋がらなくても、自社のアピールとしてやるにはいいんじゃないですか」

とのことで、ちょうど2年前にアカウント作りました。

当時Twitterですが、SNSにまったく興味なくやっていなかったのですが、やってみたらトゥモローゲート様より連絡が来てそこからスイッチが入りました。



会社のパンフレット見ました!すっごくかっこいいし鳥肌立ちました開いときの感動、物語っぽくなっていて素敵でした


ありがとうございます、トゥモローゲートさんに作ってもらいました。

冨岡社長がすごいのは、レセプションパーティーでお渡しさせていただいた時に、表紙に隙間を作ってるんですけど、外壁とかの隙間を埋めるって意味でデザインしていますが、冨岡さんは見た瞬間

「これ、シーリングですよね」

って気づいてくれてめちゃめちゃ嬉しかったです。

そんぐらい伝わればいいなという想いでトゥモローゲートさんと作ったので。

今ビジョンマップも作ってもらっています。




【ヘッダーもパンフレットもブラックを基調としたTHEカッコイイ!なので、ビジョンマップはどんな風になるんだろうとワクワクしてます】


僕らテーマとしてかっこいいを判断基準にしているので、

「何事もチャレンジしていくのに諦めるのと諦めないのどっちがかっこいい」

などで判断していて、カッコイイをテーマに打ち出していてその分プレシャーもありますが、この先に対して向かっていってます。



遠藤様の夢は


(聞かなくても分かりますね( *´艸`))

そうですね、業界を変えたいのもあるので日本一のシーリング専門施工会社になって、自分たちのオンリーワンになればナンバーワンになれる。自分達にできることをやっていれば、いずれ日本一になれたときに業界も変わってくれたらいいなと思っていて。

そのためにも、みんなで日本に一になれたらいいなと思って居ます。



建築業界はまだまだイメージなど悪いですよね…


そうですね、僕が始めたきっかけも先輩がやってるからとか友達がやってたとか、その当時は作業着着やニッカを着てる姿がかっこいい、とかあこがれから入っていると思うんですが、今ってそういうあこがれとかもないので。

そういった意味でもイメージとして、どうかっこよくあるべきか。もちろん僕たちにとって施工が一番大事なんですけど、そういうのを変えていきたいので冨岡さんと一緒にがんばります!



【何か一緒に事業出来たら面白そうですね】


便利屋コジローは栃木県佐野市でしたっけ?僕のおばぁちゃん家が佐野なんです。

(コジローさんとあったら話が合いそうですね!熱気がいつもすごいのでw)

圧倒されちゃいそうですねwww

YouTube越しですけどすごく伝わるので(^^)




—END—


あっという間の1時間の取材でしたが、遠藤様、グリットシール様の事がより知ることができました。

実は取材中、社長も事務所におり一瞬登場しましたが、ちぃちゃんが背景をぼかしていたのでモザイクみたいになりw

「影でも冨岡さんだって分かりますw」

と3人で大爆笑の一幕もありました。

一方、社長冨岡はしょぼぼ~ん(´・ω・`)となってしまい、ちぃちゃんが一生懸命映してくれました。


この社長の一幕もあり一気に和みました。

(まいまいはこの後笑いのツボに入りました)

最後に3人でスクリーンショットも撮らせていただき無事に取材は終了。



ちぃちゃんの「構えて下さい」の一言や、ピースをしたらちぃちゃんだけ画面に風船が飛んだりと最後も爆笑で終わりました。

賑やかで和やかな取材になったのも、遠藤様の人柄だと感じました。

エネルギッシュな遠藤様

貴重なお時間をいただきありがとうございました。



クリックするとアドカラーズのHPへ飛べます♪

RECOMMEND

関連記事

CONTACT

リフォームのお悩み
何でもお聞かせください

アドカラーズの「赤裸々なリフォーム」にご興味がある方は、下記よりお問合せください。
リフォームのご依頼はもちろん、他社様のお見積書のご不明点や原価など、包み隠さずお答えいたします。

お問い合わせフォームへ

お電話でのお問い合わせ 048-606-3745 (平日8時~18時)